看護師

部分痩せは脂肪吸引で実現できる|脂肪吸引手術の特徴とメリット

メリットとデメリット

メジャー

ダイエットは女性の悩みの種であり、永遠のテーマです。部位を指定して好きな量だけ体重を落とせればどれだけ美しい体が手に入ることでしょう。ダイエットでは全体的な体重を落とすことはできても、部分痩せは難しいものです。お腹の脂肪は落としても、胸の脂肪は残しておいてほしいなどというリクエストは、体には通用しません。また、ダイエットをすると決めても、辛い食事制限や苦しい運動に心が折れてしまうことも少なくありません。今すぐにでも楽をして理想的な体を手に入れたいなんて言うと、わがままなようにも思えますが、実はそんな願いをかなえる方法が一つだけあります。それは、脂肪吸引手術です。
脂肪吸引手術のメリットは、食事制限や運動をする必要がないという点です。食事制限や運動などが苦手な人には最適な手段だといえるでしょう。また、脂肪吸引にはリバウンドが起こりにくいというメリットもあります。ダイエットでは脂肪細胞を小さくすることはできても、脂肪吸引手術のように脂肪細胞自体を取り除くことはできません。そのため、摂取するエネルギーが増えれば脂肪細胞が元に戻り、リバウンドしてしまうのです。どんなにダイエットを頑張っても、リバウンドしてしまっては意味がありません。確実に痩せたい場合には、ダイエットよりも脂肪吸引手術の方が向いているといえます。部分的に痩せたい場合にも、脂肪吸引手術が適しているといえるでしょう。痩せたい部分の脂肪だけを的確に取り除いてくれるので、痩せてほしくない部分は確実に残すことができるのです。
脂肪吸引手術は美容外科手術にあたるので、健康保険は適用外になります。どんなに安くても一回15万という施術費用が掛かる上に、部位や脂肪の量によっては何度も施術が必要となることもあります。費用や施術回数については、事前のカウンセリングで医師に相談した上で、しっかりと把握しておきましょう。脂肪吸引手術を受けると、術後にしばらく腫れやむくみを伴うこともあります。完全に回復するまでには一か月程度かかることもあるので、仕事や学校で休みが取れるのかなど、ライフスタイルを調整する必要があります。
脂肪吸引手術を受けると劇的に体重が減ると思っている方もいるでしょうが、実は脂肪自体はさほど重くはありません。一度に大量に脂肪を除去しない限り体重はそれほど変わらず、変化がみられるのは見た目のみになります。体重そのものを落としたいのであれば、食事や運動で調整しましょう。
このように脂肪吸引手術には、メリットもデメリットも存在します。一見デメリットだと思われた問題点も、相談次第で解決方法を紹介してもらえるかもしれません。疑問に思ったことは全て医師に確認した上で、理想的な体型を手に入れましょう。