落ちにくい脂肪もスッキリ吸引

部分痩せは脂肪吸引で実現できる|脂肪吸引手術の特徴とメリット

脂肪吸引手術の費用

レディー

脂肪吸引手術は、クリニックによって料金設定に差があります。カウンセリングの段階で料金の内訳をしっかり確認して、後々トラブルに巻き込まれることがないように注意しましょう。

体型による効果の違い

お腹

脂肪吸引手術は、他の人と同じものを受けたからといって、結果まで同じだとは限りません。体型や体質によって術後の体型には個人差が出ます。自分の体型に合わせたイメージを持って医師に相談しましょう。

メリットとデメリット

メジャー

脂肪吸引を行えばリバウンドする心配はないが、体重自体が減るわけではありません。このように脂肪吸引手術には、複数のメリットとデメリットが存在します。双方を比較した上で、理想に適った痩身方法を選びましょう。

顔の脂肪吸引手術とは

医者

顔は人と接する時に最も目がいく場所です。顔の印象次第でその人のイメージが決まることもあるので、特に気を遣いたい部分でもあります。憧れの顔というと、小さくてスッキリとした顎のラインが浮かびますが、ダイエットで顔だけ痩せるというのは難しいものです。確実に理想的な顔を手に入れる方法としては、脂肪吸引手術が挙げられます。
頬の脂肪吸引手術を行った場合、顔のボリュームが減って輪郭がシャープになり、小顔効果が得られます。また、頬の脂肪吸引手術は見た目の変化だけでなく、将来たるみが出るのを予防してくれます。頬に脂肪がついた状態だと、年齢を重ねる毎に脂肪がおもりとなって次第に下がってしまいます。あらかじめ脂肪を取り除いておけば、将来的にたるむのを防ぐことができます。このようにメリットをたくさん持つ脂肪吸引手術ですが、必ずしも顔の大きさを変えられるとは限りません。顔の大きさの原因が、脂肪でなければ意味がないのです。頬がこけているような人は脂肪が少ないということなので、脂肪吸引手術に向いているとはいえないでしょう。顔の大きさの原因が脂肪ではなく骨や筋肉である場合は、脂肪吸引手術を受けても大きく変化することはありません。すでにたるみが出ている人が脂肪吸引手術を受けると、たるみが悪化してしまうので注意が必要です。また、ほうれい線にしわがある人も、脂肪吸引手術を受けると更にしわが深くなる恐れがあるので、注意しましょう。自分での判断が難しい場合は、専門のクリニックでカウンセリングを受けて下さい。
頬の脂肪吸引手術は、脂肪吸引を行う範囲全てに麻酔注射を行います。顔だけの施術なら範囲が狭いため、起きたままの状態で施術を受けることもできます。麻酔が効くまでは痛みを感じることもありますが、麻酔が効けば手術中に痛みを感じることはありません。頬の脂肪吸引は、耳たぶの裏の部分を少し切開して行われます。メスを入れることにはなりますが、目立たない場所なので、脂肪吸引手術を受けたとバレる心配はないでしょう。耳たぶの裏を切開したら、そこからカニューレと呼ばれる吸引管を挿入して脂肪吸引を行います。両頬合わせても三十分程度で終わるので、さほど時間は掛かりません。手術後は一、二週間程度、腫れやむくみが出ることもありますが、症状が治まれば治療効果を実感できるはずです。頬の脂肪吸引手術は、他の部位の脂肪吸引に比べて最も体への負担が少ない場所なので、初めて脂肪吸引を受けるという人も安心して受けられるでしょう。脂肪吸引手術を受けたとは、頬が固いと感じることもありますが、一日五分程度のマッサージで改善されます。体重さえ維持していれば効果は半永久的に継続するので、無理なダイエットや暴飲暴食は避けましょう。